カミソリを使ったムダ毛自己処理の危険性とは?

カミソリの危険性

恐らくほとんどの方が、カミソリを使用してムダ毛処理を行っていることと思います。カミソリを使えばコストも低く済み、手軽に実施出来ますので当然です。しかし脱毛とは違って表面の毛を切っているだけなので、2~3日も経てば表面に毛が出てきてしまいます。 そのため、頻繁に処理していく必要があります。

カミソリを使う場合のリスク

  1. カミソリ負けを起こす

    カミソリでムダ毛を処理すると、刃のあたった部分が痒くなったり、傷ついてしまったりしまうことがあります。これは「カミソリ負け」と言い、特にお肌の弱い敏感肌の方に起こりやすいものです。赤みや痒みが出てしまうのですが、背中のような見えづらい部位は強く刃が当たってカミソリ負けを起こしやすいので、注意が必要となります。

  2. カミソリ負けで乾燥しやすくなる

    カミソリによって皮膚の表面が傷つくと、お肌の保湿機能が破壊されて、乾燥気味になってしまいます。これは肌荒れを起こす元凶となるため、カミソリで剃毛をした後は保湿をして肌を保護することが重要となります。

  3. 埋没毛ができてしまう

    埋没毛とは、ムダ毛が皮膚の中に埋もれてしまっている状態のことを言います。
    自己処理で肌が傷つくとカサブタが出来て毛穴が塞がってしまい、埋没毛が発生する恐れがあります。
    埋没毛の治療としては、皮膚を針で切開して毛を掘り起こす処置がありますが、結果として更にお肌への負担が増します。医療レーザー脱毛により、ムダ毛を自然に減らしていくのが、お肌の負担を考慮してもベストと言えそうです。

脱毛クリームを使ったムダ毛自己処理の危険性とは?

除毛クリームと脱毛ワックスの違い

除毛クリームと脱毛ワックスの違い

ここ最近目にする機会が増してきた、除毛クリームと脱毛ワックスという毛の自己処理ですが、どんな違いがあるのでしょうか。
実はこの2つ、全く処理方法が違うものです。
除毛クリームにはアルカリ薬剤が含まれていて、表面に出ているムダ毛を溶かす処理方法となっています。体毛を溶かして表面に出ている毛を取り除く除毛クリームは、薬局やインターネットで手軽に購入することが出来ます。自宅で簡単に処理が可能です。しかし体毛を溶かす成分はお肌への負担が大きく、ただれる原因となり得ます。
対して脱毛ワックスは、温めたワックスをお肌に塗り、乾いたタイミングでワックスをはがしてムダ毛を取り除く方法です。

除毛クリームを使う場合のリスク

肌に大きな負担がかかる

除毛クリームはアルカリ薬剤が配合されているので、お肌への刺激が非常に強いものです。敏感肌の方は大きな負担がかかるため、特に注意が必要です。除毛クリームの使用後は、かぶれや炎症、赤みなどの異変が起こるリスクが高くなります。

低刺激で「お肌に優しい」とする除毛クリームも存在しますが、その分毛を溶かす効果も薄まってしまいます。効果も少なくてお肌への負担も深刻なのであれば、除毛クリームを使う理由はなくなってしまいメリットは消えます。

脱毛ワックスを使ったムダ毛自己処理の危険性とは?

脱毛ワックスの危険性とは?

脱毛ワックスは、温かく粘度の高い液状のワックスを肌に塗って、乾いた後に一気にはがすという原始的で簡単なものです。毛抜きを広範囲で行える、と考えればイメージしやすいかと思います。
ムダ毛を一気に根元から抜けるので、表面の毛を取り除くだけのカミソリや除毛クリームよりも、次の毛が生えてきにくくなります。
脱毛ワックスの価格は安く、簡単に購入が出来ます。更に砂糖やレモン汁などを使えば、家庭で手軽に手作りも出来るようです。
しかし、お肌に密着したものを無理やり剥がす行為自体が、負担の元となるのは明らかです。

脱毛ワックスを使う場合のリスク

  1. 肌に大きな負担がかかる

    ワックスをはがす際、毛だけでなく肌の表面も一緒にはがれてしまうので、かぶれや腫れ、炎症などが起こる可能性があります。人によっては強い刺激で内出血が起きることもあります。

  2. 痛みが出る

    ワックスをはがす際、体毛の流れに沿うことで痛みは和らぎますが、それでも痛みは避けられないでしょう。

  3. 埋没毛ができてしまう

    埋没毛は毛抜きやカミソリでの処理でも起こりますが、脱毛ワックスでも発生してしまうことがあります。剥がす時の刺激によって肌の防衛機能が働いて、毛が埋まってしまうリスクがあります。

脱毛テープを使ったムダ毛自己処理の危険性とは?

脱毛テープ

脱毛テープは、シート状のテープをムダ毛処理したい部位に貼って剥がす処理方法です。剥がすことで広範囲で毛を抜くという点では、ワックス脱毛と同じ原理です。

しかしワックスの場合は温かいワックスを塗ることで毛穴を開かせているので、根元から抜きやすくしている点が異なります。脱毛テープはテープを貼るだけですから、ワックス脱毛よりも簡単に実施出来ます。

脱毛テープを使う場合のリスク

  1. 痛みが出る

    脱毛ワックスと同様に、体毛の流れに沿って剥がすことで痛みを和らげることが出来ます。しかし、痛みは避けられないものと考えておくべきでしょう。

  2. ムダ毛が抜けきれないことがある

    脱毛テープは、痛みが伴う割にはきれいにムダ毛の処理がされず、まばらな出来栄えとなってしまうことが多くあります。テープを貼る前に肌を温めておけば毛穴が開き、ムダ毛をテープがキャッチしやすくなりますが、全ての毛を網羅するのは難しい処理方法です。

  3. 肌に大きな負担がかかる

    テープをはがす際お肌の表面も損傷してしまうので、負担がかかります。ザラザラと肌触りが悪くなるリスクもあります。

  4. 埋没毛ができてしまう

    テープを剥がす時の刺激により、お肌の防御機能が働いて埋没毛が発生するリスクがあります。

毛抜きを使ったムダ毛自己処理の危険性とは?

毛抜き

毛抜きも手軽な処理法として、カミソリと同じくらい一般的なものかと思います。脱毛ワックスや脱毛テープのように、広範囲のムダ毛を取り除くことは出来ませんが、気になるムダ毛はピンポイントで簡単に抜けます。

カミソリを使うと切った毛の断面が太く見えるため、自己処理後は毛が太くなったように見えますが、毛抜きであれば毛根から抜いてしまうので細い毛が生えてきます。

毛抜きを使う場合のリスク

  1. 痛みが出る

    どうしても処理中は痛みが伴います。体毛の流れに沿って抜き取ることで痛みを減らすことは出来ますが、それでも痛みは出るでしょう。部位によっては、涙が出るほどの痛みがあります。

  2. 埋没毛ができてしまう

    毛抜きも刺激になりますので、お肌の防衛機能を働かせる結果となります。その結果、処理後に埋没毛が出現してしまうことがあります。

家庭用脱毛機を使ったムダ毛自己処理の危険性とは?

家庭用脱毛機

近年身近なポジションを確立しつつある家庭用脱毛機ですが、誕生は1990年代と歴史は浅いものです。
発売開始は2000年ごろで、当時は効果も低くて普及が進みませんでした。しかし現在の家庭用脱毛機は性能も上がり、脱毛効果は高いものなっています。

ただ家庭用である以上、エステサロンで使われている光脱毛やクリニックのレーザー脱毛と比較すると、効果の差は歴然となっております。

また自宅で手軽に出来るというのが一番の魅力ではありますが、使いづらさから継続せずに放置されている方が多いというのが実情です。

家庭用脱毛機を使う場合のリスク

  1. コストが意外とかかる

    エステサロンやクリニックに通う費用と比べれば安く済みますが、継続して使うとコストがかかります。脱毛専用の化粧水や交換用のカートリッジなどは高価なものが多いので、本体以外の費用もかさみます。

  2. 効果が感じにくい脱毛機もある

    家庭用脱毛機の価格はピンからキリまでありますが、安い脱毛機の中には効果の低いものもあるようです。効果が高いと評判の脱毛機は、基本的には高額です。効果の高さと使い勝手、価格を考慮して家庭用脱毛機を選ぶのは一仕事となります。

  3. 使わずに放置して終わることが多い

    家庭用脱毛機を購入しても、操作性の悪さや面倒くささなどで、やがて使わなくなってしまうことが多いようです。買って満足してしまっているパターンでしょう。

  4. 脱毛による肌トラブルのリスクが伴う

    家庭用ですからパワーは弱めていますが、色素沈着部位に当てると火傷するリスクがあります。万が一クリニックで火傷が起きた場合は、医師が即座に処置出来ます。しかし家庭での火傷は正しい処置が行われない可能性も出てきます。タイミングや処置の方法を間違うと火傷のあとが残ってしまうことがあり、危険です。

  5. 失明する可能性がある

    家庭用脱毛機を使用中に、何らかの事故が起こって目に向けて照射した場合、失明してしまう可能性があります。附属のアイカバーで目を保護しながら処理を行いましょう。そして眼球付近の脱毛は絶対にしてはいけません。