毛周期とは何?部位で異なる毛周期と脱毛期間

毛周期と脱毛の関係

毛周期

脱毛をスタートする上で「毛周期」というワードは必ず目にされるかと思います。効果的かつ効率的な脱毛を実現するには、毛周期を考慮した通院ペースがカギを握ります。
当院では毛周期のご説明はもちろん、お好みのお肌や脱毛経験の有無によって差の出る毛量など、患者さまそれぞれの事情を考慮した通院ペースをご提案しております。
脱毛を専門とするクリニックだからこそ可能な把握とアドバイスで、脱毛の出来栄えに差をつけます。

当院では、抜け落ちや生え揃えの診察も無料で承っております。トラブル時の対応もしっかり行いますので、ご安心の上でご来院くださいませ。
間違った知識で脱毛をすると、回数が余計にかかってしまいます。これは時間的にも経済的にも損失となります。脱毛を開始するにあたり、毛周期は絶対に外せないポイントとなります。

  • カミソリで処理したのに、夜にはチクチクしてきた。
  • 毛抜きを使って抜いたのに、翌朝同じ場所に出てきた。
  • 一気に毛が抜け落ちたことがある

このような面倒な現象も、毛周期が深く関わっています。

毛周期とは何?

そもそも毛周期とはいったい何なのでしょうか。お肌や生理にはサイクルが存在しますが、毛にも循環のリズムが存在します。このリズムのことを、毛周期(別名:ヘアサイクル)と言います。
脱毛は、レーザーを毛のメラニン色素に反応させて処理していきます。毛穴に毛がなければ、反応が出来ないので脱毛を進められないのです。
そのため、毛が抜け落ちているタイミングや色素のない白髪のような毛には反応せず、効果がありません。
毛周期の基礎知識を得ることで、効果の出る脱毛の通うペースが明らかになります。これが、美しさへの第一歩です。

  1. 毛周期の移り変わり

    毛には、成長期→成長後期→退行期→休止期という4つの段階があります。このサイクルを繰り返して生え変わっていくのですが、これを毛周期(ヘアサイクル)と言います。
    それぞれの時期の脱毛効果について、気になるところかと思います。

  2. 脱毛に適するのは成長期・成長後期の毛

    医療脱毛は、成長期と成長後期にある毛に効果があります。この時期の毛は根が深く、メラニン色素も濃い特徴があります。レーザーに反応しやすいために、効果的な脱毛が可能となっています。
    当院でご用意している医療レーザー脱毛機であれば、一度毛根が死滅した毛が再生されることはございません。

  3. 脱毛にやや適する退行期の毛

    近年、医療レーザー脱毛の機器によっては、退行期にある毛の毛根も死滅させられるという説もあります。当院で導入している脱毛機は、適応とされております。
    医療レーザーでしたら退行期の毛にもダメージを与えることが出来るので、死滅まではいかなくても細くなったり短くなったり、と言う効果が期待出来ます。
    成長期の毛と比べると、退行期の毛はメラニン色素が薄くて根元も浅くなっています。
    レーザーに反応する度合いとしては、成長期・成長後期>退行期>休止期の順で落ちていきます。
    エステサロン脱毛や昔の医療レーザー機、出力レベルが弱い場合では、退行期の脱毛効果は得られないとされます。

  4. 脱毛に最も適さない休止期の毛

    休止期の毛は、抜け落ちているか、抜けるのを待っている時期です。レーザーのターゲットになる毛乳頭から毛が離れてしまうので、一切脱毛効果はございません。
    しかし毛周期は、見るだけでは4つのうちのどの段階にいるのか、判断が出来ません。
    ただ各部位ごとに平均のサイクルがあり、それに基づいてプロが指導いたします。計画に合わせてお通いくださいますようお願いしております。

  5. 部位ごとの毛周期・脱毛ペース

    部位ごとで毛周期が異なりますので、脱毛ペースも差が出てきます。

    全ての毛を成長期にすることは不可能です。重要なのは、成長期にある毛を多くして、脱毛の効率を上げることにあります。
    各部位の平均をとって、お顔の脱毛は1~2ヶ月、身体では2~3ヶ月ペースでスタートするのが効果的とされます。
    他にも、当院では患者さまのお肌のタイプや調子、毛穴の状態、出力の経過、これまでの脱毛経験などを把握した上で、最適な脱毛となるようサポートしてまいります。

脱毛完了までの必要回数と期間

必要となる脱毛回数

脱毛レーザーで効果の出る成長期・成長後期の毛の割合は、生えている毛全体の10~20%程度とされます。
最大確率である20%で、毎回レーザーを当てられた場合は、100%÷20%=5回で完了となります。ただ、目視にて毛周期の見分けが出来ないので、平均回数は5~6回で設定しております。
満足度が患者さまによって異なり、部位によっても目指す状態が異なるために回数に違いは出てきます。

「脇は絶対にスベスベにしたいけれども、背中は薄くなる程度で良い」という場合もあれば、「産毛も全てなくしてしまいたい」という場合もあり、希望の状態は患者さまで変わります。
ただ「脇を8回、VIOを6回、脚を3回」というように、部位ごとで細かく分けると料金が高くなりそうとお考えになって、なかなか脱毛を開始できずにいたというお声がございました。

当院では、既存のプランの部位変更や独自プランの作成などで、ご希望通りの仕上がりとなりますよう柔軟性の高い対応をさせていただいております。お客様の希望にあわせたオーダーメイドのプランをお作りいたします。
ムダ毛やお肌の悩み、自己処理への不満など、抱えているお悩みとご希望を、お気軽にご相談くださいませ。

脱毛効果を高める最適な通院ペース

必要となる脱毛回数

脱毛レーザーで効果の出る成長期・成長後期の毛の割合は、生えている毛全体の10~20%程度とされます。
最大確率である20%で、毎回レーザーを当てられた場合は、100%÷20%=5回で完了となります。

ただ、目視にて毛周期の見分けが出来ないので、平均回数は5~6回で設定しております。満足度が患者さまによって異なり、部位によっても目指す状態が異なるために回数に違いは出てきます。
「脇は絶対にスベスベにしたいけれども、背中は薄くなる程度で良い」という場合もあれば、「産毛も全てなくしてしまいたい」という場合もあり、希望の状態は患者さまで変わります。ただ「脇を8回、VIOを6回、脚を3回」というように、部位ごとで細かく分けると料金が高くなりそうとお考えになって、なかなか脱毛を開始できずにいたというお声がございました。

当院では、既存のプランの部位変更や独自プランの作成などで、ご希望通りの仕上がりとなりますよう柔軟性の高い対応をさせていただいております。お客様の希望にあわせたオーダーメイドのプランをお作りいたします。
ムダ毛やお肌の悩み、自己処理への不満など、抱えているお悩みとご希望を、お気軽にご相談くださいませ。

脱毛完了までの必要回数と期間

  1. 毛周期を考慮した通院ペース

    脱毛が初めての方と、脱毛経験をお持ちで多少なりとも薄くなっている方では、効果的な通院ペースは異なります。
    この違いは、毛を作る細胞である毛乳頭の数が異なるためです。これは表面には見えないので、目視にて判断することは出来ません。

  2. 脱毛が初めての方

    脱毛は、成長期にある毛の割合が多いと効果が高いので、初回で20%もの脱毛が期待出来ます。通院ペースは、このようになります。
    1回目→(2ヶ月)→2回目→(2ヶ月)→3回目→(3ヶ月)→4回目→(3・4ヶ月)→5回目→(4・5ヶ月)→6回目

    脱毛は、皮下にある毛乳頭を含め、全体数の半分になってようやく減ってきたことを実感していただけます。焦らずに、着実な施術をしていくことが重要です。

  3. 脱毛経験があって、まばらな状態の方

    脱毛経験がある方は、毛乳頭の数が減っているために、毛周期も遅くなっています。そのため、通院ペースもゆっくりとなります。
    1回目→(3ヶ月)→2回目→(3・4ヶ月)→3回目→(4・5ヶ月)→4回目→(5・6ヶ月)→5回目

    患者さまのご経験で異なる通院ペースのみならず、日焼けのしやすい黄色がかったお肌は夏の前に行って、夏期間中は照射を避けるなど、個々に応じた効果的な脱毛をアドバイスしております。
    最適な通院ペースを決めることこそ、効果的な脱毛によりスベスベ肌が手に入る最短ルートとなります。医療レーザー脱毛によって、ムダ毛のストレスからスピーディーに開放されましょう。

  4. 夏に向けて脱毛する際、いつから通うべきか

    お肌の露出が増える夏までに、脱毛をひと段落させておきたいのが理想かと思います。しかし、実際は夏が迫ってきてから危機感が出て、脱毛する意欲が高まる方が多いようです。
    医療脱毛でスベスベ肌を目指すとなれば、長期戦となります。しかし、脱毛には終わりが来ます。お肌のメンテナンスや痩身マッサージとは違い、明確な終わりがあるのが脱毛のメリットでもあります。

    また脱毛が完了するのを待つまでもなく、2回目の施術以降は、ムダ毛処理の負担が減ることを実感いただけます。通院期間中も、お肌が美しくスベスベの状態を長くキープできるようになるため「もっと早く脱毛を始めればよかった」との声も多数いただいております。
    目前の夏に向けての脱毛でしたら、紫外線の弱い春前からスタートして、夏までに2回目を終えるようにおすすめしております。

    医療脱毛は、思い立った時が始め時です。
    「今年の夏は間に合わない」と諦めてしまっては、来年の夏までも今と何ら変わらないムダ毛と過ごすこととなります。自己処理は、やればやるほどにお肌のダメージとなり、老化を加速させる要因となります。
    ダメージになるとは言え、ムダ毛の生えたお肌を放置していくことは出来ないでしょう。早い段階で自己処理を卒業し、ムダ毛に悩まない状態にすることが、スベスベで美しいお肌と付き合っていく秘訣になります。

    美しくなる機会を逃すことなく、効果的な脱毛を早々に開始しましょう。

  5. イベントに向けての脱毛時期

    イベントに向けて、脱毛効果を間に合わせたい場合は、どのタイミングで施術するべきなのでしょうか。

    結婚式や旅行など、様々なイベントに合わせて「即席で綺麗なお肌になりたい」とのご希望も多く頂戴いたします。即席の場合は、3~4週間前までに脱毛を終えておくことで美しい状態に近づけることが出来ます。
    大切なイベントへ向けて、当院では患者さまのお肌の状態に応じて脱毛後の経過を見させていただいております。2回目以降の脱毛は、イベント終了後に毛周期に合わせてスケジュールを入れていただくことを推奨しております。

    脱毛によって、目標のお日にちが美しいお肌で迎えられるように、当院では全力でサポートいたします。他にも些細なことでも全てご相談を承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

毛周期と脱毛期間に合わせた効果的な通院ペースで医療脱毛をする