医療脱毛中の日焼けはNGな危険行為?

日焼けとレーザー脱毛の関係

医療レーザー脱毛を受けている期間中の日焼けは、禁忌とされています。その理由としては、

  • 火傷などの肌トラブルが起きやすくなる
  • 脱毛施術時の痛みを強く感じやすくなる

といった症状の原因になるためです。

脱毛前・脱毛中の日焼けは絶対にNG

医療脱毛は、黒いメラニン色素に反応するレーザーを脱毛部位に照射していきます。反応後は熱が発生し、「毛母細胞」と言う毛を作っている細胞が破壊されて脱毛がなされます。

日焼けによって肌が黒くなるのは、メラニン色素が大量に増えた結果ですので、レーザー照射をすると熱が発生して火傷となる恐れがあります。またシミやソバカスなどの症状が出ることもあり、色素沈着が起こる原因になることもあります。日焼けをしているお肌へのレーザー照射は、基本的には行なっておりません。
このように日焼けでメラニン色素が活性化したお肌へのレーザー照射は、火傷や色素沈着が起こる恐れがあるために非常に危険な行為となります。

最も危険なのは、火傷のリスクです。日焼け後のお肌にレーザー照射するのは、基本的には禁忌となっています。紫外線を浴びたお肌は、刺激から守ろうとしてメラニン色素を沢山生成します。また紫外線ダメージを受けた表皮は、赤みやヒリヒリ感を伴った炎症が起き、乾燥による肌荒れも起きやすくなります。このような弱った状態の皮膚にレーザー照射すると、更なるダメージが引き起こされてしまい、本来ならば毛母細胞に集中させたい熱が肌のメラニン色素に反応して火傷となってしまうのです。
また日焼けをすると、紫外線によりお肌の乾燥が進みます。乾燥状態が深刻になると、普段よりも脱毛レーザーの刺激を受けやすくなって施術に強い痛みが伴うようになります。
そして日焼けの弊害は脱毛時の痛みだけではありません。レーザーが毛穴の奥まで届かなくなるので、脱毛効果も得にくくなってしまうのです。

日焼けしたお肌では脱毛効果が減るからといって、出力レベルの強いレーザーにするのも火傷の原因になってしまいます。適した出力レベルの調整が難しいため、脱毛効果が出にくくなってしまうことになります。
脱毛の施術が全て完了するまでは、徹底的に紫外線対策を続けていただく必要があります。しかし脱毛期間が長期間に渡って年単位での実施となると、その期間中で全く日焼けをせずに終わると言うのは、難しくなるのも理解出来ます。

施術と施術の間の期間は、出来る限り日焼けを避けるように努めましょう。日常生活の範囲内でする日焼けであれば脱毛への影響もないとされていますが、毎日の通勤による外出でも油断は出来ません。紫外線のダメージは、お肌にどんどん蓄積していきます。知らず知らずのうちに露出部分が黒くなっていて、境界線が出来ていた!と言うことも少なくありません。

脱毛中の日焼けに効果的な2つの対処法

  1. 冷やして炎症を抑える

    脱毛期間中に日焼けをしてしまった場合、まず冷やすことで炎症を抑えていきます。ただ冷やしただけでは、一時的なヒリヒリ感を抑える効果しかありません。お肌の色味が元通りになることはありません。
    日焼けによるヒリヒリ感や火照りが落ち着くまでは、とにかく刺激を避けましょう。炎症が一旦治ると、お肌が痒くなりがちです。
    起きている間は気をつけていられても、寝ている間に無意識にゴシゴシと掻きむしってしまうこともあります。体温の上昇によって痒みは増しますので、入浴などは避けてシャワーだけにしましょう。またタオルでゴシゴシ拭くのも刺激になりますから、押さえながら水分を拭き取るような感じにしてください。

  2. 保湿で更なる肌トラブルを防ぐ

    日焼け後は刺激を避けるだけでなく、保湿ケアも丹念に行いましょう。保湿効果の高いクリームを選んでこまめに塗り、お肌の状態をこれ以上悪化させないようにします。
    日焼けをしてしまった場合、次の施術には1~2ヶ月以上の期間を置かなくてはいけません。日焼けで一旦レーザー照射を中止した場合、再開の目安は個人差があります。医師・看護師が診察して日焼けと判断した場合、焼けた部分以外で照射可能な部位にのみ施術するか、または施術を見送って別日に行う場合もあります。

    当院では、毛の生え変わりの時期である毛周期に合った指導をしっかりと行なっております。脱毛期間を早く終えたい場合や結婚式、サマーシーズンなどのイベントに向けて脱毛を始めた場合、計画が狂ってしまうことになります。
    計画通りに安全性の高い脱毛を進めるためには、常に紫外線対策を行なって、日焼け予防に努めるのが大切です。

レーザー照射OKな日焼けはどれくらい?

どのくらいの日焼けでレーザー照射が見送られることになるかと言うと、個人差もあって明確な基準は出しづらいと言うのが正直なところです。しかし、目安としては下記のようにご案内しております。

まず、ほのかに焼けているように見える部位と、焼けていない部分との違いが少し確認できる程度の日焼けの場合ですが、1ヶ月間は時間を空ける必要があります。日焼けが落ち着いて色が戻ってくるまでの期間は、脱毛はお休みとなります。

次に、日焼けした部位としていない部位のコントラスト出来ていて、相当しっかり日焼けしている方の場合です。このレベルでの日焼けになりますと、3ヶ月は次の施術まで開けなくてはいけません。長期間の中断となってしまいます。

日焼けは、脱毛の予定を狂わせるだけではありません。女性の気にされるシミやそばかす、シワの原因となり、美肌への影響も深刻です。
紫外線はお肌の乾燥も進めますが、乾燥したお肌は敏感な状態になってしまうので、肌荒れに繋がります。

医療脱毛でムダ毛を処理していくこと以上に、シミやそばかす、一度固定されたシワを消し去るには大変な時間と労力がかかります。
脱毛によってスベスベなお肌を手に入れようとしているのであれば、紫外線は脱毛の妨げになりますし美肌の大敵です。脱毛期間中だけでなく、日焼け対策は習慣化して行きましょう。

当院で行っている日焼けケア

当院では、上記のように日焼けに関しては徹底的な指導を行っております。また日焼けしてしまった患者さまにも、施術の間隔をあけていただいたり、日焼け部位以外の施術を先に進めたりと、対策をいたしております。
ご予約時にも、肌トラブル回避のために受付と連携と取りながら、患者さまへ徹底したアナウンスをさせていただいております。

自己判断で「この程度であれば大丈夫かな?」などと安易に考えず、日焼けに関しての心配事や疑問点に関しては、どんなに小さいこともお気軽にスタッフへご相談くださいませ。