脱毛の効果はいつ頃から感じられるようになるの?

脱毛の効果を実際に感じられるのは施術何回目から?

クリニックでの脱毛は医療レーザーを使用しますが、エステサロン脱毛で使用される光脱毛よりも高い脱毛効果が得られます。個人差は出てきますが、1回のレーザー照射でも確実な毛量の減少を実感いただけます。
回数的にも、医療脱毛ではエステサロン脱毛の3分の1で完了することができます。つまり、時間的な負担も少なく出来るのです。

医療脱毛であっても、初めての照射後ですと効果を実感するまでには時間が必要です。医療脱毛は、レーザー照射の光エネルギーが毛根に届け、破壊していきます。根元から破壊された毛が照射後2~3週間かけて皮膚の表面に押し出されていき、ポロポロと抜けていきます。照射後すぐには変化がないと焦らずに、2~3週間は経過を見られることが大切です。
すぐに抜け落ちていった毛は、元々が抜け落ちる予定の毛です。レーザーが効く成長期の毛は、数週間かけてゆっくりと落ちてきます。通常であれば脱毛後2週間ぐらいで抜け落ち始めて、3週間~1ヶ月経過後にはツルツルしてきます。医療脱毛は、1回目からこのくらいの効果が感じられます。

抜け落ちた後、しばらくはお肌がツルツルの期間が続きます。しかし再びムダ毛が成長してきますので、毛周期のサイクルに合わせてレーザー照射し、毛根を破壊していきます。この繰り返しで、生えてくるムダ毛を減らしていくのです。

1回目の医療脱毛後は、ツルツルになってから1ヶ月~2ヶ月ほどで元通りの毛量に戻ってくることが多いです。2回目、3回目を経ると、毛量がかなり減って自己処理の回数も少なく済むようになります。
施術の回数を重ねるごとに、どんどん毛は減ってきます。毛が生えてくるまでの期間が長くなり、細くなってきます。

脱毛の効果を1回で得ることはできないの?

医療脱毛は、毛に含まれる黒いメラニン色素に反応するレーザーを使用します。毛根にレーザーを照射して、毛乳頭を破壊することで毛を生えなくしていきます。

毛には成長期~退行期~休止期というサイクルがあり、これを毛周期と言います。毛周期のうち、毛乳頭の破壊が出来るのは成長期にある毛だけとなっています。成長期ではない毛にレーザーが当たっても、毛乳頭の破壊が出来ないので、引き続き毛が生えてきてしまいます。
なお、エステサロン脱毛にて毛乳頭を破壊する行為は、違法となっています。エステサロン脱毛で、多く足を運ばないといけないのに効果が実感しにくいのは、このためです。医療脱毛とエステサロン脱毛の決定的な違いは、ここになります。成長期にある毛の割合は、全体の20%ほどです。つまり1回の施術でムダ毛をなくせる割合は、全体の10~20%ほどにとどまります。
毛周期のサイクルは、部位や毛質によって異なります。それぞれのサイクルに合わせて施術を受けていくことが、効果的な脱毛には必須となります。

また医療脱毛はレーザーの性質上、毛の色が濃く、太い毛に効きやすいものです。反対に、毛の色が薄く細い毛には、効果が出にくいという特徴があります。

このような理由から、脱毛を1回しただけでは自己処理が不要になるほどの効果を得ることは出来ません。施術回数を重ねると、毛周期のサイクルはペースが落ちてきます。そのため照射期間も変化していくので、調整が必要となります。

ムダ毛がなくなるまでの脱毛回数の目安

医療脱毛では、完了までには5~6回の照射が必要であるとされます。どういったお肌を目指すのかや、もともとの患者さまの毛量によっても個人差がございますが、5回くらい脱毛を終えると、ほとんど太い毛も見えなくなって普段のムダ毛処理が楽になります。
全くの無毛にするのは難しいのですが、産毛まできれいに無くしてしまいたい方には8回以上をおすすめしております。

回数は、部位や毛量、毛質によっても差があります。VIOは毛質が太く毛量も多いため、他の部位と比べると時間がかかります。背中も産毛が多いため、レーザーの反応が弱く時間の必要な部位となります。

部位別の脱毛の効果を得られる回数と時間
気を付けたいこと

脱毛効果は、患者さまの状況によって異なりますので個人差がございます。さらに部位ごとでも施術回数が違うのですが、大体の部位の回数をご説明いたします。

  • 脇:5~7回<10~15ヶ月>

    脇は、脱毛で一番の人気部位です。他の部位よりも毛がしっかりしていて範囲も狭いので、最も効果を実感していただきやすい部位となっています。

  • Vライン:6~10回<16~24ヶ月>

    Vライン脱毛は「つける下着を選ぶ必要がなくなる」などの理由で人気の脱毛部位となっています。Vライン(ビキニライン)の毛も脇毛と同様に色が濃く太いので、医療レーザー脱毛の効きやすい部位です。ただ、どの程度毛量を減らしたいのかにより、回数と期間が大きく変化します。
    脱毛当初は、毛量を減らすだけで良いとお考えだった患者さまも、衛生面の快適さから全処理で無毛状態に変更されることが多くございます。当院では回数の追加により、ご対応いたします。

  • I・Oライン:6~10回<16~24ヶ月>

    I・Oラインは近年人気の脱毛部位で、無毛状態を希望される患者さまが増えていらっしゃいます。
    I・Oラインの毛も、ビキニラインと似て色が濃く太いので、レーザー照射の効果が出やすい部位となっています。ただしI・Oラインは、位置的に色素沈着が見られやすい部位なので、火傷による肌トラブルを防ぐため、Vラインよりレーザー出力レベルを低くしなくてはいけません。
    I・Oラインではじめからレーザー出力レベルを強くするのは、上記の理由や痛みの感じ方の関係で難しいので、弱い出力でスタートしていきます。そのため他の脱毛部位よりも回数が必要になります。

    ただ毛量はビキニラインよりも少ないので、ビキニラインを全処理する場合よりは回数が少なく済むケースが多いです。
    IOラインでは、表面麻酔を使用するとかなり痛みが軽くなるので、はじめからレーザー出力レベルを上げて照射することも可能です。しかし火傷トラブルが起こらないように、しっかりとお肌の色を見極めることが重要となってきます。
    リスクが伴う部位ですので、エステサロン脱毛よりも医師の監視下で行われる医療脱毛が最適です。

  • 顔:8~10回<16~24ヶ月>

    顔脱毛をすることによって、化粧ノリが良くなったり毛穴が目立たなくなったり、顔色が良くなったりする効果が得られるため、こちらもとても人気の部位となっています。
    顔脱毛では、鼻下やアゴのみの脱毛から、全体にかけて脱毛するものなどがございます。
    料金的には顔全体を脱毛してしまったほうがリーズナブルですので、全身脱毛に全顔脱毛をプラスされる方が多くいらっしゃいます。
    顔の毛は、他の部位と比べて毛周期のサイクルが短く、毛質も細いものです。そのため通常は身体の脱毛よりも多くの施術回数が必要になります。

  • うなじ・背中・腹・胸・大腿・尻(産毛が生える部位):8~9回<16~22ヶ月>

    自己処理のしにくいうなじや背中も、脱毛をしてスッキリしたいと希望される方の多い部位となっています。しかし、このような部位に多く生える毛は、色素も薄く毛質が細い産毛のため、レーザーが効きにくい特徴があります。
    当院では「ダイオードレーザー」という脱毛機器を使用しており、産毛のような細い毛にも効果の出やすいもので施術いたします。産毛であっても、ある程度の効果が期待出来ます。

  • 腕:4~6回<8~12ヶ月> /
    膝下:4~6回<8~12ヶ月>

    膝下、肘下の毛は太くしっかりとしているので、脇と同じく効果の実感していただきやすい部位となってきます。脱毛の初期段階から自己処理も楽になってくることと思います。

医療脱毛でムダ毛のないお肌を目指す