ムダ毛の自己処理がお肌に与えるダメージ

ムダ毛の自己処理がお肌に与えるダメージ

最も簡単なムダ毛の自己処理は、カミソリを使ったものかと思います。しかしカミソリを使ってムダ毛を剃ると、表面の角質層もそぎ落としてしまっていることがほとんどです。特に入浴時の処理は、注意が必要です。入浴中は皮膚が柔らかくなっており、角質よりも奥深くの皮膚をそぎ落としてしまっていることもあります。傷ついた皮膚から雑菌が侵入し、炎症が起こることも珍しくありません。
カミソリで角質層が薄くなると、バリア機能も著しく下がってしまうので、お肌の健康を維持できなくなります。よく自己処理後に「カミソリ負けをした」という方がいますが、これはカミソリが角質を取り払ってしまったことが原因です。赤みが出たり、痒くなったりするのはこのためです。
太くて濃い毛が生える脇の下やVIOの自己処理だと、カミソリではきれいに取り除くことが難しく、毛抜きを利用される方も多いかと思います。

毛抜きを使った自己処理は、毛を無理矢理引き抜く行為となります。そのために毛と一緒に周辺の皮膚を剥がしてしまうことがあります。そこで出血、雑菌が入って炎症や化膿が出るなど、ゴタゴタが続くこともあります。

脱毛ワックスや脱毛テープを使った自己処理も、毛抜きと同様にお肌の負担になります。広範囲の処理が一度に出来るので、負担のかかるお肌の面積も広くなります。このやり方も、埋没毛の発生原因となります。

除毛クリームなど、薬品を使う自己処理もありますが、薬剤は刺激の高いものです。ムダ毛を溶かすための強いアルカリ性の成分で出来ていて、たんぱく質を溶かします。この時、皮膚も一緒に溶けるために、角質へのダメージは避けられません。

埋没毛(埋もれ毛)の対処法

埋没毛を、毛抜きなどを使って強制的に取り出そうとする人が多いですが、これは逆効果の対処法です。お肌を傷つけて取り出す行為であり、更に大きなダメージが与えられて余計に埋没毛が出来やすい状態になります。そしてお肌が傷つくと、メラニン色素が発生するので色素沈着やシミとして跡が残ることにもなります。一度できてしまった色素沈着やシミを消すのには、更に時間と費用、そして労力がかかります。
自己流の対処法で後悔しないためにも、正しい処理方法を知っておきましょう。

第一にやるべきことは、ムダ毛を処理した後の保湿になります。市販のボディークリームで構いませんので、自己処理後は必ず保湿を行ってください。
当院でも保湿効果の高いボディークリームをご用意しております。香りもよく肌馴染みが良いのですが、ベタつかないために好評です。気になる方は、お気軽にお尋ねくださいませ。

これまで解説してきたように、ムダ毛の自己処理はどんな方法であってもお肌へのダメージは避けられません。負担がかかるたびに、角質はボロボロになっていきます。この状態が続くと、角質のすき間から水分が蒸発していくので、また乾燥と肌荒れが進みます。
しっかりと保湿をすれば、お肌に皮膜を作ってあげることになるので、潤いを守ることが出来ます。お肌への負担が小さくなります。

今は埋没毛がない部分であっても、自己処理でムダ毛対策をしていくのであれば、保湿は最も大切なお手入れ方法と言えます。
もう埋没毛がある場合は、無理に引っ張り出すことはやめましょう。毛穴の上にある厚くなった角質を取り除いて、お肌のターンオーバーを正常に戻すお手入れをしていきます。

ターンオーバーを促すには、スクラブやピーリングが効果的です。一週間に1回のペースで、角質のお掃除を習慣化していきます。香りがよく天然素材で出来たものもありますので、癒されながら改善していきましょう。
スクラブやピーリング後は乾燥しやすい状態なので、実施後は保湿クリームで潤いを守ってください。

他に気を付ける点としては、

  • 処理前は、お肌をゴシゴシこすらないで優しく洗い、清潔に保つ
  • 処理後は、炎症予防のために冷却する
  • 風邪などで免疫力が低下している時、生理前でお肌がデリケートな時は、処理自体行わない などがございます

普段のムダ毛処理では、電気シェーバーを使って行うことをおすすめしております。電気シェーバーの刃は、優しい作りでお肌を傷めにくい構造となっています。お肌の負担が最も少なく済む処理方法なので、埋没毛も発生しにくくなります。
ただ電気シェーバーだとムダ毛の伸びが早く感じ、目立ってきやすいというデメリットもございます。お肌の露出が少ない時期だけ電気シェーバーに持ち替えるなどして、カミソリの使う頻度を落としていくことがおすすめです。

埋没毛(埋もれ毛)は医療レーザー脱毛で解決

最も効果的な方法は、クリニックで医療レーザー脱毛を受けて根本的にムダ毛をなくし、自己処理をやめる、というものになります。医療脱毛は完了してしまえば、自己処理がほとんど不要になります。埋没毛をなくしてしまいたい方向けの、究極の方法となります。
自己処理をしなくてよくなるまでには、毛の生え変わりの周期に合わせてレーザー照射していく必要があるので、1年~1年半は通院が必要です。

しかし回数を重ねるごとにムダ毛は薄くなって、生えるスピード自体もどんどん遅くなってきます。自己処理の頻度も減らしていけて、みるみるスベスベのお肌となっていきますので、結果的に埋没毛の原因になるお肌の負担もなくなっていきます。

埋没毛は、皮膚科での治療が可能です。治療では専用の道具を用いて、皮膚の下から毛を引き抜いてくるという処理を行います。

医療脱毛におけるレーザーは、黒いメラニン色素に反応する仕組みで、皮膚下の毛根に届きます。そのため、お肌の外に出てきていない埋没毛でもレーザーが反応しますので、脱毛が可能です。

当院は、脱毛と同時に角質のターンオーバーを正常に修正すべく指導を行っております。角質層が薄くなって、ある程度埋没毛が引き出せる状態になったら、医療器具で埋没毛を取り出し、その部分にレーザーを当てる、という施術を行っております。
埋没毛の処理は手間と時間のかかるものですが、患者さまの理想のスベスベ肌を実現すべく、徹底した治療を行っております。

自己処理の繰り返しによって埋没毛が増殖し、皮膚科にて治療をしてもらうことを考えると、埋没毛に悩んだ時点で医療脱毛を選択するのが適切かと思います。医療脱毛は医師の管理下にあって安全性が高く、アフターケアもしっかり行います。
ただし埋没毛によって色素沈着が起こっている場合や、自己処理によって傷跡が残っている場合には、その部分のレーザー照射は避けなくてはいけません。毛だけでなく、お肌にもレーザーが反応してしまい、火傷の原因になる可能性があるためです。

医療脱毛とエステサロン脱毛での埋没毛についての対処法の違い

エステサロンでも脱毛は可能です。しかし埋没毛がある場合は、脱毛をお断りされることもあるようです。医療機関での医療レーザー脱毛と、エステサロンでのフラッシュ脱毛には、大きな差がございます。

医療レーザー脱毛がフラッシュ脱毛と異なるポイント

  • 医療レーザー脱毛は、国家資格を持った医師の指導の下施術が出来る。
  • 医療レーザー脱毛は、医療機関のみで取り扱い可能である強力なレーザー出力の脱毛機器を使用している。
  • 医療機関なので、痛みをおさえるために麻酔の使用が可能である。
  • 火傷、色素沈着、毛嚢炎などの肌トラブル発生時には適切な医療行為を行い、薬の処方も可能である。

エステサロン脱毛では、施術で何かトラブルが起こっても、このような対応は不可能です。安全性において、大きなデメリットとなります。

医療機関だからこそ出来る対応とアフターケアがあるので、安心感の度合いが違います。
特に埋没毛が発生している部位には「毛嚢炎」という炎症が生じることも多くございます。医療脱毛であれば、その場で治療を受けることが出来ます。