自己処理脱毛のリスクと対処法 安全な医療脱毛の選び方

脱毛を行う際に、自分でムダ毛処理を行っている方も多いかと思いますが、実は自己処理は危険性が多いです。今回は、自己処理した際のリスクや、肌荒れしてしまった場合の対処法。そして医療脱毛を利用するメリットなどを紹介していきます。

自己処理の危険性

自己処理にはどのようなリスクが潜んでいるのでしょうか。処理する方法別に解説していきます。

カミソリのリスク

カミソリは自宅で手軽に毛を処理できるため、もっとも多く用いられている自己処理法です。しかし、カミソリでの処理はあくまで表面の毛を剃っているだけなので、しばらくするとまた生えてきてしまいます。そのため、何度も処理しているうちに、深剃りして肌を傷つけてしまったり、肌荒れの原因になってしまうことが多いです。

毛抜きのリスク

カミソリに次いで、もっとも多いのが、毛抜きでの処理です。
毛抜きはカミソリとは違い、毛根から毛を抜くことによって、次の発毛期間を大幅に伸ばすことができます。しかし、毛根から無理矢理、毛を引っこ抜いているので、強い痛みがあるうえに、処理後は埋没毛や、細菌感染などのリスクが高くなってしまいます。
なるべく、毛抜きでの処理はやめておきたほうがいいでしょう。

除毛クリーム・ワックス脱毛のリスク

最近、流行となっているのは除毛クリームとブラジリアンワックスです。
除毛クリームは薬剤を使用したクリームを処理したい部分に塗るだけで、ムダ毛除去できる商品です。短時間で最も手軽に除毛できることから人気が高いですが、アルカリ剤を使用しているため、肌への刺激は強いです。特に敏感肌の場合、処理後に炎症を起こしてしまう可能性があるので、注意しましょう。
ブラジリアンワックスは温かいワックスを肌に塗布し、乾いた後に、一気に剥がすことで、ムダ毛を処理する方法です。この方法はワックスを剥がす際に、同時に皮膚も剥がれてしまう危険性があるので、人によっては、内出血やかぶれが起きてしまうことがあります。

肌荒れしてしまったときの対処法

肌荒れしてしまったときの対処法

このように、自己処理は色々とリスクの面が大きいので、極力避けたほうがいいでしょう。
もし、自己処理で肌が荒れてしまった場合は、以下を試してみてください。

肌が乾燥している場合

脱毛後は肌に熱がこもっている状態なので、乾燥肌に陥りやすいです。乾燥による赤みを防ぐ方法としては、化粧水・美容液などで、肌に潤いをもたせる方法が一番です。
また夏場は汗にも気をつけましょう。汗をかいたり。拭いたりすることによって、肌が乾燥しやすくなります。

炎症や発疹の場合

炎症や発疹が出てしまった場合、まずは症状を鎮めるために、肌を冷やしましょう。
その後は、保湿剤等で肌を保護し、当日はシャワーのみで済ませましょう。こうすることで、炎症は治まるはずです。何日経過しても、症状が改善しない場合は、皮膚科へ受診したほうがいいでしょう。

かぶれの場合

脱毛後は肌が敏感になっているので、ちょっとした外傷でも大きな傷になってしまったり、塗り薬によるかぶれが出てきてしまいます。かぶれが出た場合、保湿剤はむしろ刺激になってしまうので、逆効果です。しばらく様子を見ても、かぶれがひかない場合は、皮膚科でステロイドを処方してもらいましょう。

埋没毛の場合

埋没毛の治療法は基本的に皮膚科を受診し、レーザーやニードルによる施術を行うしかありません。できれば、埋没毛になる前に、予防法を心得ておいたほうがいいでしょう。一番簡単な方法としては、保湿クリームを使用した肌の保護です。試してみてください。

医療脱毛のメリット

医療脱毛のメリット

自己処理で肌荒れしてしまわないためにも、医療脱毛はおすすめです。医療脱毛を利用することのメリットをご紹介いたします。

アフターケアの万全性

医療脱毛では施術後のアフターケアもしっかりと行っています。当院ドクター脱毛では、照射後の炎症を抑えるために、お肌のクーリングを実施。冷やすことで、レーザーの熱による炎症や肌荒れのリスクを大幅に軽減させることができるのです。

自分に合った施術をしてもらえる

脱毛クリームなどは肌質によっても、相性が合わないことが多いので、肌荒れしがちです。医療脱毛は患者様のお悩みをしっかりと把握し、患者様の肌質に合った施術を提案させていただきます。体調などの相談もしやすいのが医療脱毛の大きなメリットの一つです。

痛みの少ない脱毛機

医療脱毛では、よく痛みの強さが問題となっていますが、それは主に外国製の外国の方に合わせた脱毛機だからです。外国人と日本人は体質が異なっているので、刺激の強い外国製を使用してしまうと、肌荒れの原因になってしまいます。ドクター脱毛では、日本人向けに作られた脱毛機を使用しているので、刺激を大幅に軽減させることができます。医療脱毛に通う際は、脱毛機の種類もしっかり把握しておくと、いいでしょう。