顔・背中の脱毛とニキビの関係

顔や背中に発生するニキビの原因

ニキビは、思春期に悩まれることの多いものですが、最近では大人の方でもニキビが出ることが増えています。
ニキビの出る原因は、多々ございます。一般的にニキビと言われるものは、皮脂腺に起こる慢性的な炎症のことを指し、「尋常性ざ瘡」と言う名前のついた皮膚の病気です。

ニキビの出る原因は、毛穴のつまりになります。これは思春期のニキビも大人のニキビも同じです。毛穴の入り口にある角質が、何らかの原因で増えて皮脂の排出が滞り、毛穴がつまってしまうことが原因となっています。
つまった皮脂は酸化していき、アクネ菌の増殖によってお肌の炎症はますます悪化してしまいます。ニキビは、顔や胸元、背中などの皮脂の分泌が活発な部分で多く発生します。
皮脂の分泌が活性化する原因としては、成長ホルモンや男性ホルモン、日常生活を送る上でのストレス、紫外線の影響などが考えられます。

ニキビは、状態によって治療方法が変わってきます。どの程度の進行段階なのか適切な診断を行い、治療を開始する必要があります。

ニキビが出来ていても脱毛は可能ですか?

基本的には、ニキビが広範囲に及んでいる部位へのレーザー脱毛は不可能です。これはレーザーを患部に照射することで、刺激となってニキビが悪化する恐れがあるためです。
部分的に出来たニキビや、炎症がひどくない場合には、ニキビを避けての照射も可能です。ただ、基本的にはニキビの治療が完了してからレーザー照射を進めることが、安全な方法と言えます。

当院では、患者さまのお肌をしっかり確認してから、レーザー照射に耐えうるかどうかを判断しております。ニキビが出来ている場合は、自己判断せずに必ず診察にてご相談ください。

ニキビは皮脂の分泌の他にも、お肌への過度な刺激によっても発生してくるものです。ムダ毛の自己処理でカミソリや除毛クリーム、毛抜きなどを使い続けると、肌荒れを引き起こしてしまいます。そしてその部位から雑菌が侵入し、ニキビが出てくることもございます。

ニキビそのものが出ない綺麗なお肌となるためにも、こういった刺激はなるべく避けていきましょう。ムダ毛の自己処理が不要になる医療脱毛は、実はニキビ予防にも効果的な行為と言えます。

医療脱毛によるメリットとは

顔や背中は特にニキビの出やすい部位です。これらを脱毛するメリットをお伝えします。

まず顔の産毛をそのままにしておくと、毛のメラニン色素によりお肌がくすんで見えてしまいます。毛が邪魔をするので、化粧ノリも悪くなってしまいます。
顔にレーザー照射して産毛を取り除くことで、毛穴がキュッと引き締まって綺麗になり、ニキビも発生しにくいお肌に変えることが出来ます。
また、背中は自分では手が届かない部位で、お手入れが難しいことと思います。そのためにニキビも出来やすくなってしまいます。
毛が密集して生えているので、他人からも目につきやすいという特徴があります。背中の脱毛によっても、衛生的となってニキビの改善が期待出来ます。

ニキビに悩まれている方こそ、将来を見越してクリニックの医療脱毛を受けられることをおすすめしております。

脱毛中におけるニキビ予防

脱毛中は、なるべく刺激を避けてニキビが出来ないようにしていきましょう。
ムダ毛の処理は、カミソリではなく電動シェーバーにすることで、刺激を抑えることが出来ます。毛の流れに沿って、優しく処理していきましょう。脱毛効果が薄れてしまいますので、毛抜きは使用しないでください。

処理した後は必ず保湿をして、お肌を保護しましょう。
身体の洗い方も、ニキビ予防において非常に大切です。
ニキビを出来なくするためには、患部は清潔にしなくてはいけません。しかし脱毛でレーザー照射した後のお肌はとても敏感になっているために、洗いすぎは逆にNG行為です。

身体を洗う際には、泡で優しく包み込むように手洗いでするのがベストです。しっかり清潔にしようと考えてナイロンタオルなどでゴシゴシと擦るのは、刺激になりますのでやめましょう。
また糖分や脂質、刺激物の摂り過ぎは、皮脂の分泌につながりますので避けるようにしてください。

また、ビタミンCを積極的に摂取することもニキビを防いでキレイなお肌になるために重要です。食物では果物に多く含まれるビタミンCですが、ついつい不足しがち。サプリメントを飲むなどして補給しましょう。
他にも、一般的にお肌の健康に重要とされる便秘改善や、良質な睡眠、ストレスを溜めないことなどは、日常的に実践していきましょう。

また喫煙でニコチンを体内に取り込むと、血流の停滞を招きます。お肌の新陳代謝が鈍ってしまい、ニキビが悪化する要因となります。

ニキビに悩まれている方はもちろん、美容への意識が高い方は、禁煙が非常に重要です。
ニキビは、放置して悪化してしまうと跡が残る可能性があります。日ごろからニキビの出来にくい生活を心掛け、出来た場合には適切な処置を行ってください。