医療脱毛で使用されている脱毛機の種類と違いを調査

医療脱毛を受ける際はクリニックで使用されている機器が自分の肌に合ったものかどうか確認することが大切です。脱毛機と一口に言っても種類は多々あり、しっかり自分の肌質を把握していないと痛みの原因になってしまう可能性があるので、カウンセリング時にはどんな機器を使えばいいのか、しっかり確認しておきましょう。ここで医療レーザーの選び方や種類を紹介します。

医療レーザーの選び方

肌が弱い方は特に気をつけたい医療レーザーですが、選ぶ際は以下のポイントを踏まえて、自分に合った脱毛機を選ぶようにしましょう。

日本人向けの医療レーザー

日本人の肌は表皮の皮脂膜が厚く、内部の角質層が薄いため、刺激に弱い繊細な肌だといわれています。肌トラブルを未然に防ぐためにはなるべく日本人の肌に合わせた、刺激の少ない機器を選ぶことが大切です。

海外製のものでも、信頼できるものはありますが、日本製で作られたものは、日本人の肌質に合わせて作られているため、より安全性が高いです。医療レーザーは刺激が強いため、肌が弱い方は照射時間を短くするなどの工夫をして、肌へのダメージを軽減させましょう。

肌の色に合わせたレーザー

一般的な医療脱毛では日焼けした方の施術はお断りしている場合が多いです。レーザーは肌表面にある黒い毛(メラニン色素)に反応して、脱毛しますが、日焼けしている場合は肌の黒い部分に危機が反応して火傷を負う危険性があるからです。
しかし、レーザーの波長が長い脱毛機は、肌の表面にあるメラニン色素にはほとんど反応せず、肌の奥深くまでレーザー照射できるので、日焼けした肌の方でも利用できます。

波長の長い脱毛機は脱毛効果が高く、肌の色が黒い方でも利用できますが、肌の深い部分に照射するため、痛みも大きいと言われています。
どうしても痛みが心配な場合は違う脱毛機に変更してもらいましょう。

細かい毛にも効果のあるレーザー

脱毛効果が高い脱毛機でも、細い産毛などには効果を発揮しないタイプのものが多いです。レーザーはメラニン色素の黒い部分に反応して脱毛しますが、色素の薄い産毛にはどうしても反応が薄くなってしまうのです。
産毛などを脱毛する際は弱めの光を何度も照射する蓄熱式の脱毛機を選びましょう。じわじわと毛根を破壊することによって、産毛も脱毛することができますし、痛みも軽く済ませることができます。

エステの脱毛機とどう違う!?

エステの脱毛機とどう違う!?

脱毛を受ける際にエステと医療脱毛ってどう違うの!?と思っている方も多いと、思いますが、エステで使用されているのは光脱毛(フラッシュ脱毛)、医療脱毛で使用されているのはレーザー脱毛なので、機器も全く異なります。具体的な違いをみていきましょう。

出力

エステでは安全面の配慮から、機器の出力は弱めですが、反面脱毛効果が低く、継続期間が長いです。中には20回以上、2~3年かかっているケースもあります。また、毛の再生を防ぐには毛根部に存在する、毛乳頭という細胞を破壊しなければなりませんが、光脱毛には毛根を破壊できるパワーはないため、時間が経てば、毛は生えてきます。

レーザーは出力が強いので、5~6回(1年ほど)で脱毛が完了し、毛根から毛を処理してくれるので、毛が再度生えてくるといった心配もありません。

痛さ

エステは出力が弱いので、痛みはレーザー脱毛のほうが大きいです。よく用いられる例えとして「ゴムでパチンと弾いたぐらいの痛み」といわれています。しかし、近年は機器のレベルも向上し、医師や看護師といった有資格者で安全性と効果が認められたものを使用しているので、安全性は高いです。万が一肌トラブルが発生した場合は、クリニックの医師が適切に対応してくれますし、麻酔クリームなどを使用して痛みを軽減させることもできます。

医療レーザーの種類

近年の医療脱毛のクオリティも向上していて、痛みの心配もほとんどないといわれていまうすが、日本で使用されている代表的な機器にはどんなものがあるのか紹介いたします。いずれも、日本人向けの肌に作られたものなので、おすすめです。

アレキサンドライトレーザー

日本国内はもちろん世界中でもっとも広く使用されているレーザー機器です。アメリカ政府や日本の薬事法でも効果が認められています。アレキサンドラは脱毛機のなかでも、メラニン色素に強く反応する性質があり、1回の照射でもかなりの毛を処理してくれます。照射と同時に冷却ガスを照射してくれるため、出力が高くても比較的肌に大きな負担もなく、高い脱毛効果が得られます。

ダイオードレーザー

アレキサンドラに次いで、日本国内で2番目のシェアを誇る脱毛機です。ダイオードはお肌全体をゆっくりと温めながら毛根を破壊していくので、低刺激で幅広い部位に使用できます。肌のコラーゲンを産生する効果も期待され、多少の色黒肌でも使用することができるため、刺激に弱い女性にもおすすめできます。

ジェントルレーズ

レーザーの波長が長く、肌の奥まで浸透しないので、毛嚢炎を起こす心配が低いです。1箇所ずつ脱毛するスポット方式なので、太い毛も効率よく脱毛することができます。ジェントルレーズは日本で初めて厚生労働省の認可を得た脱毛機なので、安全性という面でも信頼できる日本人向けの脱毛機です。

メディオスターnextpro

近年新たに開発されたダイオードレーザーの一種です。バルジ領域といわれる発毛幹細胞のみに照射することで、脱毛時の痛みを大幅に減退させ、太い毛から産毛まで処理することを可能にしました。色黒肌や色素沈着を起こしている肌にも照射できるので、肌がデリケートだという方も使用してみてください。(日焼け直後の肌には使用できません)

当院ではアレキサンドライトレーザーを搭載したジェントルマックスプロとダイオードレーザーを搭載したライトシェアデュエットをご用意しております。

まとめ

医療脱毛で使用されている脱毛機の種類と違いを調査まとめ

脱毛機の痛みは、医療脱毛を受ける際に不安な要素の一つですが、近年は脱毛機のレベルも上がっており、痛みに応じたケアも実施しているので、比較的痛みは抑えられると思います。これから医療脱毛を受診される方は脱毛機の種類を把握して、自分の肌に合った脱毛機を選びましょう。