医療レーザー脱毛による火傷のリスクと注意点

医療レーザー脱毛の注意点と火傷のリスク

医療機関で行う脱毛は、高出力の医療レーザーを使用します。エステサロン脱毛の光脱毛よりも強力なレーザー出力となるので、はるかに高い脱毛効果が得られます。

医療レーザー脱毛は、レーザー光の照射によって毛包を破壊していきます。エステサロン脱毛では、このような破壊行為は違法となります。

医療脱毛とエステサロン脱毛の差について、詳細に把握している方はあまり多くありませんが、実は沢山の違いがあるのです。本当にムダ毛をなくしてしまいたいと考えるなら、医療脱毛を選んでください。
ただ医療レーザー脱毛は高い効果が得られる反面、リスクもございます。その一つが火傷となります。火傷のリスクを回避するためには、医師や施術スタッフが患者さまの皮膚と毛質のタイプを見極めて、レーザー出力を正しく判断することが重要です。

医療レーザー脱毛は医療行為にあたるので、有資格者である医師か看護師のみが実施出来ます。ここも、無資格でも施術可能なエステサロン脱毛と違う点になります。
今一度、医療脱毛とエステサロン脱毛の違いを知っておくことをおすすめいたします。

医療レーザー脱毛による火傷の原因とは?

医療レーザー脱毛で火傷の原因となりうるのは、日焼けです。脱毛中は、絶対に日焼けをしないようにしてください。

レーザーは、黒いメラニン色素に反応します。日焼けをしている人や色黒の人が施術を受けると、皮膚のメラニン色素に反応して火傷になる可能性が高まります。
ホクロやシミ、アザなどにもレーザーが反応することがございます。脱毛中は日焼けサロンに行くのは絶対に禁忌ですし、通勤時の日焼け程度でも火傷のリスクが伴います。

日差しを浴びたお肌は、刺激から守るためにメラニン色素を生成します。さらに表皮には、赤み、ヒリヒリ感を伴う炎症が起こってくるので、乾燥や肌荒れも起きやすくなります。
このような状態の皮膚にレーザー照射すると、お肌は強いダメージを受けて、本来ならば毛に集中する熱が、お肌のメラニン色素にも強く反応してしまい、その結果火傷が起こります。

脱毛時の火傷を予防するためには、普段から欠かさずに日焼け止めを塗ることが大切になります。最近では「飲む」タイプの日焼け止めも人気です。どちらも活用して、両側から紫外線をブロックしていくことが望ましいとされます。

次に火傷の原因として挙げられるのは、お肌や毛質に適さないレーザー出力レベルや照射時間での施術になります。

出力と照射時間の見極めは、脱毛を成功させる上で非常に重要です。

このような火傷のリスクを極力低くするためにも、信頼できるクリニック選びがカギを握ります。これは医療脱毛に関しての知識、技術力の高さはもちろんですが、症例数が多くあることも重要な判断基準と言えるでしょう。
クリニックごとにコースや料金、サービス面が異なりますが、脱毛の出来栄えにも当然差が出てきます。知識も浅く、技術が未熟なクリニックで脱毛を行うと、不必要なリスクを高める結果となります。脱毛効果も満足に得られなくなってしまいます。
脱毛レーザーは、ただ皮膚に当てていけばよい、というわけではありません。実際には、様々な技術が必要です。
安全性高く脱毛効果を出していくためにも、性能の良い脱毛機器と技術力の高い施術者がいることが肝心です。

医師の知識レベルと看護師の技術レベルが低いクリニックだと、最適なジュール数の設定が出来なくなります。その結果、火傷などの重篤な肌トラブルが発生してしまうのです。
皮膚科医であっても、脱毛経験が浅ければ判断が難しいものです。そして医療脱毛の経験が長い医師であっても、毛の生えるメカニズムに詳しい人ばかりとも限りません。
クリニックに在籍する医師レベルの違いが、施術する看護師の技術レベルにも影響してくるのです。

当院における対応

ドクター脱毛では、施術スタッフの定期的な研修を徹底しております。そしてレーザー照射を行いながら声掛けを行って、患者さまの痛みの度合いをその都度確認しながら進めていきます。お肌の状態チェックも同時に行います。

厳しい研修をクリアした者しか実際の施術は行うことが出来ない当院では、経験と照らし合わせながら、患者様の皮膚状態にあわせてレーザー出力レベルを最適にして照射方法を変更するなどして、火傷リスクを低減していく取り組みを行っております。

当院は脱毛を専門としたクリニックです。上記のような徹底的なスタッフ教育を行い、更に症例数も多くございます。そしてしっかりとした保証制度もご用意しております。
患者さまが安心してお通いいただける環境にあると、自負をしてございます。

しかし実際には、どれほど知識や技術を高めている医療機関で脱毛を受けたとしても、火傷のリスクを全くのゼロにすることは出来ません。
絶対に火傷をしないようにするには、レーザー出力レベルを弱めればよいだけのことです。しかし、この方法ではリスクがないかわりに効果もかなり下がってしまいます。これではエステサロン脱毛と何ら変わりません。

実際に火傷が発生したとしても、軽度で済む場合がほとんどであり、重症にはなりません。また万が一火傷が生じた際には、その場で診察して薬の処方も可能な医療機関での脱毛がおすすめと言えます。
当院でも、火傷が起こった場合の診察と治療、お薬代は、一切いただきません。火傷の痕が残ってしまった際も、無料で治療を継続しております。

過去当院では、重度の火傷が起こったケースはなく、そういった点でも安心してお通いいただけることと思います。
もし脱毛によって火傷が起こってしまったら、早めに診断にお越しくださいますようお願いしております。火傷の痕を残さないためには、早期の治療と対処が重要となります。前述の通り、追加で診察料気や治療料金はいただいておりません。
火傷となるのは稀ですし、その際は軽い赤みや瘡蓋が形成されるような状態となります。

レーザー脱毛直後は、皮膚が軽い炎症を起こして赤みが出てきます。しかし、これは正常な反応のうちであり、通常は皮膚を冷やしながら数時間様子をみていただければおさまります。
稀ではありますが照射口を当てたところに瘡蓋が出来てしまうことがございます。この場合は、軟膏をぬって保湿を行い、瘡蓋が自然に剥がれてくるのを待ちます。
万が一色素沈着が起こった場合には、専用のクリームをぬって改善していきます。患者さまの肌質や体質によっては、すぐに消えるものから、治療に半年以上かかるものもございます。

治療が長期にわたりませんよう、施術前後には細心の注意を払っておりますし、当院では担当看護師が脱毛後にメールにて個別フォローを行っております。

初めての脱毛には、心配事がつきものです。当院のこのようなシステムが、安心してご来院いただける要素となりますよう最善を尽くしております。