ドクター脱毛Official Blog

紫外線対策②

こんにちは!ドクター脱毛 院長です。

 

気温の変動が激しいこの時期、皆様、体調など崩されていませんか?

肌寒い日、暖かい日、、、ころころ変わる今の時期って、服装にも悩まされますよね。((+_+))

「今日は、ひんやり肌寒いな~~。でも、日差しはしっかり。」

こんな日は、迷わず、日傘を持って外に出るべきなのですが、荷物を少しでも軽くして出かけたい私は、ついつい日傘を持たず、外に出てしまいます。反省!!(/_;)

いつも思うのですが、私たちの紫外線に対する意識は、「日差しの強さ」よりも「気温の高さ」に大きく影響されてますよね。

でも、これでは、本当の紫外線対策はできていないんですね。

 

さて、今日は、紫外線対策と言われ、皆様が、まず一番に思い浮かべる「日焼け止めクリーム」についてのお話です。

前回の紫外線対策①では、普段、皆様が塗っているような薄~い塗り方では、表記通りの効果は得られないんですよ・・・というお話をさせていただきました。(^^♪

日焼け止めクリームの正しい使い方とは?? ・・・日焼け止めクリームの基本から、今日はお話させていただきますね。

 

そもそも日焼け止めクリームに書かれている「SPF」、「PA」って何のことだか、ご存知でしょうか?

SPFとは「Sun Protection Factor」の略で、UVBを防ぐ効果を表す数値です。
肌に赤みや炎症を起こさせ、お肌を黒くしたり、シミ・そばかすを作る原因となるUVBから肌を守る効果を示す指数です。
現在の最高レベルはSPF50+までです。(昔、私が学生の頃は、SPF200なんていうものもあったんですよ。(笑))

今は、日本化粧品工業連合会でSPFの上限は「50」で、それ以上は、「50+」と表記するように決められています。

 

PAとは「Protection Grade of UVA」の略で、UVAを防ぐ効果を表す目安です。

肌のハリを失わせ、しわやたるみの原因となるUVAから肌を守る効果を表しています。

以前は、「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階でしたが、測定方法と表示方法の改定に伴い「PA++++」を加えた4段階に分けられるようになりました。
「+」の数が多いほど効果が高くなります。

SPFとPAはそれぞれ数値が大きくなるほど紫外線を防止する効果が高くなりますが、日焼け止めの塗り方が薄かったり、ムラがあったりすると、表示されている数値どおりの効果は得られません。

また、SPF・PA値が高いほど、紫外線防御効果が高いといえますが、その分、お肌への負担もかかりやすくなると考えられます。

なので、いつでも、SPF・PA値の高いものを使用するのではなく、生活シーンによって使い分けすることが大切です。

日常の通勤や買い物など、ちょっとしたお出かけにはSPF 30程度で十分です。長時間のレジャーやスポーツにはSPF 50+のほうがお勧めです。

日焼け止めクリームにも、種類があることは、ご存知でしょうか?

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

あまりここまで意識して日焼け止めクリームを購入される方は、少ないのではないでしょうか?
紫外線吸収剤は、紫外線を吸収してしまい、その下の皮膚にまで紫外線が届かないようにしています。それに対して、紫外線散乱剤は、粉末などで紫外線をはね返してしまいます。
紫外線散乱剤は、紫外線吸収剤に比べ、白浮きしにくく、SPF値も高いものが多いので、市場には、主に紫外線吸収剤のものが出回っていますね。
ですが、紫外線吸収剤は、アレルギーを起こす場合があります。

日焼け止めクリームを塗ると湿疹が出たり、かゆくなったりするという敏感肌タイプの方は、紫外線吸収剤のものではなく、紫外線散乱剤を配合した日焼け止め(ノンケミカルサンスクリーン)がおすすめです。

では、正しい日焼け止めクリームの使い方とは?

① 日焼け止めクリームは使用する量が大切です!
メーカーさんの推奨している量を守って塗ることが大切です。
使用量の記載がなければ、500円玉くらいの大きさを目安に使うといいでしょう。

② こまめに塗りなおす
朝塗った日焼け止めクリームも、時間が経てば、汗や皮脂と一緒に落ちてしまいます。
2~3時間おきに、こまめに塗り直しをすることが大切です。
ウォータープルーフの日焼け止めクリームも同様です。
ウォータープルーフは、そうでないものに比べ、耐水性がよいというだけで決して落ちないわけではありません。
海やプールでは日焼け止めクリームは落ちやすいので、こまめに塗り直すことを心がけましょう。

③ 日焼け止めクリームは年内で使い切る
1年前に開封をした日焼け止めは、基本的に使用をおすすめしません。
一度開封すると、品質維持は難しいものです。
肌荒れの原因にもなると考えられるので、日焼け止めクリームは、シーズンごとに使い切るようにしましょう。

 

ただやみ雲に日焼け止めクリームを塗るのではなく、正しい知識と使用方法で、健康で美しい肌を維持していきたいですよね!

これからの季節、お互い紫外線対策、がんばりましょうね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

ムダ毛でお悩みの方へ

医療脱毛専門クリニック【ドクター脱毛】

心斎橋の医療脱毛専門クリニック【ドクター脱毛】では、患者様一人一人の肌質に合わせて脱毛機をセレクト。医師と女性スタッフによるWカウンセリングで、理想の肌へ近づけるよう脱毛完了までしっかりサポートします。

心斎橋駅から徒歩3分でお仕事帰りも通いやすいクリニックです。

無料カウンセリングも行っておりますのでお気軽にご来院ください♪
ご予約はWebフォームに入力するだけで簡単!
24時間いつでも予約いただけます。

カウンセリング・施術の予約をする